道路の陥没やマシンの故障など、シールドトンネルの設計・施工トラブルが続いている。住民の生活を脅かすトラブルも少なくない。大深度・大断面・長距離化で施工の難度が上がる一方、発注減や人手不足で技術継承はままならず。今こそ業界一丸で対応しなければ、日本のシールド技術の安全神話は崩壊しかねない。

日経コンストラクションで取り上げたシールド工事のトラブルを巡る記事(出所:日経コンストラクション)
日経コンストラクションで取り上げたシールド工事のトラブルを巡る記事(出所:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]