PR
Echo Autoを手に持って掲げるAmazon.com Amazon Devices & Services, SVPのDave Limp氏
Echo Autoを手に持って掲げるAmazon.com Amazon Devices & Services, SVPのDave Limp氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Amazon.com(アマゾン)は、同社の音声認識・対話機能基盤「Alexa」(アレクサ)に対応した車載小型端末「Echo Auto」を、2018年9月20日に米国シアトルで開催した発表会で初披露した(図1)。いわゆる音声認識機器「Echoシリーズ」(Echoデバイス)の車載版という位置付けである。

図1 Echo Autoの設置イメージ
図1 Echo Autoの設置イメージ
8個のマイクを搭載し、車中でも利用可能。
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon自体が車載機器を販売するのは今回が初めて。これまでは、建物内にあるEchoデバイスを通じて電動車両向け充電器を操作する、車載インフォテイメント機器をあらかじめAlexaに対応させておく、といったものだった。Echo Autoによって、既存のクルマに対しても、Alexaを広げる構えだ。

 Echo Autoは、Bluetoothやケーブルで接続したスマートフォンやカーステレオを通じて、クラウド上のAlexaにつながる(図2)。これにより、音楽再生やナビゲーション、電話などを音声で操作できるようにする。例えば、Alexaに自分の好みの曲や、新曲などを尋ねると、音楽ストリーミングサービスからマッチングする音楽を自動で再生する。

図2 Echo Autoの接続イメージ
図2 Echo Autoの接続イメージ
例えばBluetoothでつないだスマートフォンを通じて、クラウド上のAlexaにアクセスする。
[画像のクリックで拡大表示]