PR
電子ミラーの外観(出所:トヨタ自動車)
電子ミラーの外観(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 デンソーは、「電子ミラー」用のECU(電子制御ユニット)を開発した。トヨタ自動車が2018年10月に発売した「レクサスES」への採用を勝ち取っている(図1)。サラウンドビューカメラ(360度カメラ)用ECUの部品や技術を流用することで、短期間で開発できた。

図1 電子ミラーを量産車で初めて採用したトヨタの「レクサスES」
図1 電子ミラーを量産車で初めて採用したトヨタの「レクサスES」
[画像のクリックで拡大表示]

 電子ミラーは、後写鏡(ドアミラーやルームミラー)の代わりにカメラとディスプレーで周囲を確認する技術である。映像は車内のフロントピラー下部に配置した5インチの液晶ディスプレーに表示する(図2)。

図2 レクサスESに搭載された電子ミラー
図2 レクサスESに搭載された電子ミラー
[画像のクリックで拡大表示]

 レクサスESは、世界で初めてドアミラーを“電子化"した量産車だ。トヨタの今泉一仁氏(Lexus International製品企画主幹)によると、「レクサスES向けの開発が始まったのは2016年後半で、約1年半で量産にこぎつけた」という。