PR
ドイツZFの3眼カメラ「TriCam」(出所:ZF)
ドイツZFの3眼カメラ「TriCam」(出所:ZF)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツBMWが2018年11月に国内発売した新型クーペ「8シリーズ」で、3眼カメラを採用したことが分かった(図1)。ドイツZFの3眼カメラ「TriCam」とみられる。3種類のカメラで近距離、中距離、長距離の撮影を分担する。自動ブレーキや自動運転向けのフロントカメラとして、これまでの単眼、ステレオに加え、3眼が広がる可能性が出てきた。3眼はカメラのカバー範囲が広いほか、冗長性も高いことから、自動運転に有効な手法といえる。

図1 BMWの新型クーペ「8シリーズ」
図1 BMWの新型クーペ「8シリーズ」
BMWの8シリーズクーペは1714万円から。
[画像のクリックで拡大表示]

 3眼カメラは、米Teslaや中国のEVベンチャーである上海蔚来汽車(NIO)が採用している。Teslaは2016年10月に発表した第2世代のハードウエア構成「Hardware 2」で採用した。同社の小型電気自動車(EV)「モデル3(Model 3)」など、Hardware 2以降のモデルはすべて3眼カメラを搭載する。

 NIOは2017年12月に発売した「ES8」に3眼カメラを搭載した。なお、3眼カメラはコストの高さが課題とされており、現状では高価なクルマにしか使われていない。NIOのES8は約762万円(44万8000元)から、Teslaのモデル3は約519万円(4万6000ドル)からとなっている。