PR
今回の研究開発に携わった東京工業大学 元素戦略研究センター 助教の金正煥氏(左)と同センター長で栄誉教授・特命教授の細野秀雄氏(右)
今回の研究開発に携わった東京工業大学 元素戦略研究センター 助教の金正煥氏(左)と同センター長で栄誉教授・特命教授の細野秀雄氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 ペロブスカイトといえば太陽電池─。約10年にわたるそんな認識を覆す開発例が出てきた。東京工業大学の研究者が、ペロブスカイト材料を発光材料とするLED(PeLED)を作製。緑色発光の場合に印可電圧2.9Vで1万cd/m2、4Vで12万cd/m2、5Vで50万cd/m2と、低電圧印可にもかかわらず超高輝度の発光を得たからだ(図1)。テレビの輝度が500cd/m2前後、水銀ランプで10万超cd/m2であることと比べると、50万cd/m2がいかに明るいかが分かる。

図1 輝度と発色で有機ELを圧倒
図1 輝度と発色で有機ELを圧倒
開発したペロブスカイトLED(PeLED)の発光の様子(a)や素子構成(b)、発光色の選択性の高さ(c)、ディスプレー向け色帯域の広さ(d)、発光色の色純度の高さ(e)を示した。(写真と図:東京工業大学)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い