全1264文字
PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
マクセルが開発した全固体電池(写真:同社)
マクセルが開発した全固体電池(写真:同社)
[画像のクリックで拡大表示]

 マクセルは2019年9月20日、硫化物系固体電解質を用いたコイン形のLiイオン2次電池(LIB)、いわゆる全固体電池を開発し、同9月上旬にサンプル出荷を開始したと発表した。固体電解質は、三井金属などとの共同開発だという。硫化物系全固体電池は、日立造船が2019年度内の量産計画を発表している。今回は、それに次ぐ動きとなりそうだ。

 今回の全固体電池では、開発した固体電解質向けに、電極にも組成や粉体特性を制御した独自材料を用いているとする。結果、貯蔵特性や充放電サイクル、高温耐性の点で、既存の電解液の電池を上回る特性を実現したという。当初は国内のウエアラブル機器メーカーと製品化を進め、その後は、IoT(Internet of Things)機器向けにも展開する計画だ。