全2358文字
[画像のクリックで拡大表示]

 「安い」「これなら中国へ行くよ」「有期雇用でこの待遇なら2000万円は出してほしい」─。

 インターネットの掲示板がある話題で荒れた。匿名故に遠慮のない言葉、ときには暴言まで飛び交う。その話題とは「パナソニックが募集するAI人材の待遇」である。

 同社は「高度技術人材コース」を2020年3月から開始した(図1)。高度な専門性を持つ人材を対象に、新卒・中途を問わず採用する新制度だ。募集職種には「AI技術・データ分析技術研究開発」「Deep Learning組み込み技術」「クラウドシステム設計・開発技術」などが並ぶ(2020年4月上旬時)。パナソニックは人工知能(AI)技術やデータ分析、クラウドシステムなどの開発強化を図るため、基本的に博士号を保有する専門性が高い人材の獲得を目指す。

図1 パナソニックが掲載する募集要項の概要
図1 パナソニックが掲載する募集要項の概要
雇用形態、給与などが示されている。(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 さまざまな製品・サービスでIoT・AIの利用が進んでおり、業界を問わず数多くの企業がAI人材を求めている。もちろんパナソニックも例外ではない。新採用制度は、「AI技術を望む開発現場からの要請に応えたもの」(同社)だという。