全2554文字
PR
武漢市で感染症予防を訴える垂れ幕(出所:メイコー)
武漢市で感染症予防を訴える垂れ幕(出所:メイコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスの震源地とされる中国・武漢市(湖北省)。そこで工場を運営する日本企業は2020年1月下旬、中国当局が突然出した都市封鎖の指示で混乱に陥った。当初は目的が知らされなかったが、後に感染症拡大を防ぐ処置と判明した。武漢市の工場で、主に車載向け基盤を設計・製造するメイコーもその1社だ。現地の都市封鎖は4月8日まで続いた。現場では何が起きたのか。メイコー執行役員製造本部長の坂手敦氏に聞いた。(聞き手=野々村洸)

メイコー執行役員製造本部長の坂手敦氏 
メイコー執行役員製造本部長の坂手敦氏 
(出所:メイコー)
[画像のクリックで拡大表示]

(インタビューした2020年4月下旬現在)、メイコーの武漢工場の状況はどうなっているのでしょうか。

坂手氏 既に工場内は封鎖前と同様の生産体制に戻っています(図1)。武漢工場は約4000人と多くの人員を抱えているものの、3月末時点で8割以上の従業員が復帰しました。4月8日には武漢市の封鎖が解かれ、規制解除とともに流通機能などが回復しました。

図1 工場入場前に検温する従業員
図1 工場入場前に検温する従業員
(出所:メイコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、景気の落ち込みを受けて需要に勢いがありません。生産体制が整っていても、操業度は封鎖前の50%ほどにとどまっています。特に自動車向けが低調で、今後およそ3割は落ち込むと予想しています。現在は発注の残りがあるため、大幅な減産には至っていませんが……。当社は自動車向けの製品が売り上げの中で大きな割合を占めています。これからの需要予想は難しいものの、大幅な落ち込みは看過できないため、対策を打っていくつもりです。

武漢封鎖で工場に何が起きたのでしょうか。

坂手氏 2020年1月23日に、突然武漢市の封鎖指示が出ました。その直前まで封鎖される雰囲気など全くありませんでした。幸いにも武漢工場では事前に準備を整えて春節の長期休暇(編集部注:当初、2020年の春節は同月24~30日の予定だった。後に中国当局が2月2日まで延長を決定)に移行していました。しかし春節が明けるはずった1月30日になっても封鎖は解除されず、工場は操業停止のまま。3月23日になってようやく操業再開許可を得て、一部工程の稼働を再開させました。長期休暇用に設備を整えていたため、稼働開始時に設備の故障などは発生しませんでした。

 操業再開許可を受けられたのは幸運でした。中国当局は世界経済に影響を及ぼす恐れがある産業から優先的に操業再開許可を与えたようです。当社は先述の通り、自動車産業のサプライチェーン(部品供給網)の一部を担っているため、許可が下りたのではないかと考えています。操業を再開し、製品の出荷を始める際に不都合が発生することもありませんでした。サプライチェーンの寸断も起きていません。ただし、(自動車産業という)大きなサプライチェーンの枠組みに入っていなければ、操業再開許可を受けるのは厳しかったのかもしれません。

 封鎖開始直後はまだ多くの日本人が武漢市におり、当社も工場稼働のために日本人の従業員を同市に残しておくかを検討していました。しかし、その後感染が徐々に広がり、危険性を察知するや否や従業員にチャーター機での帰国を促しました。