全2513文字
PR
Intel CEOのRobert Swan氏
Intel CEOのRobert Swan氏
(2019年5月に開催の投資家向け説明会でIntelが撮影した写真)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel(インテル)のCEOのRobert Swan氏は、2020年7月23日、2020年第2四半期決算オンライン発表会のプレゼンテーションにおいて、7nmプロセス(台湾TSMCの5nmプロセス「N5」に相当と、Intelが主張)の開発遅れを明らかにした(図1)。同時に、必ずしも自前のプロセスにはこだわらない方針も示した。Intelが先端プロセスの開発から手を引くと、半導体の設計から製造、販売まですべてを手掛けるIDM(Integrated Device Manufacturer)というビジネスモデル(事業形態)は、ロジックICでは終焉を迎えることになるだろう。

図1 今回(20年Q2)の決算会見のハイライト
図1 今回(20年Q2)の決算会見のハイライト
「IMPROVING OUR EXECUTION」の説明の中に、7nmの製品が予定より6カ月遅れているという記述が見られる。(画像:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]

 Swan氏によれば、Intelの7nmプロセスは以前に発表したスケジュールよりも6カ月遅れている。歩留まりが低いことがその原因で、現時点の歩留まりは当初の社内ターゲットよりも12カ月遅れだという。ただし、歩留まりが上がらない原因はすでに特定されており、致命的な障害はないとする。7nmプロセスで製造した最初のPC向けMPU(Coreプロセッサー)が出荷されるのは、2022年の遅い時期か2023年の早い時期の予定。また、サーバー向けMPU(Xeonプロセッサー)では、7nm品の最初の出荷は2023年の上期の予定だとした。