全979文字
PR

 東芝は2020年7月7日、車両の高度自動運転に必要な距離センシング技術「LiDAR(Light Detection and Ranging)」の新しい受光技術を開発したと発表した。これまでの「ソリッドステート式LiDAR」と比較して、約4倍の距離を計測できる。2023年3月末までの実用化を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料