全1349文字
PR
(図:ルネサス エレクトロニクス)
(図:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ルネサス エレクトロニクスは、オープンソースのプロセッサー命令セット「RISC-V」ベースのCPUコア(以下RISC-Vコア)を使って、ASSP(Application Specific Standard Product:応用先を絞った汎用IC)を開発する。同社がRISC-Vを採用するのは、今回が初めて。台湾Andes TechnologyのRISC-Vコアを集積したASSPを開発し、2021年下期にサンプル出荷を開始する予定。

 現在、携帯電話機/スマートフォン向けSoC(System on Chip)や32ビットマイコンでは、広く英ArmのCPUコア(以下、Armコア)が普及している。一方でArmコアの普及が進み過ぎて独占状態になることを懸念する声もある。

 研究者や大学、企業などが「RISC-V Foundation」と呼ぶ組織を設立し、Armコアに対抗すべく、プロセッサーの命令セットなどを定義してオープンソースで公開している。当初は大学や研究所といった限られたユーザーだけが使っていたが、最近は中国の半導体メーカーなどが商用SoCでも積極的に利用している。

 こうした背景から、市場の拡大を見込み、独自CPUコアを開発・提供していた中小規模の設計ハウスが、独自CPUコアに見切りをつけてRISC-Vコア事業に乗り出している。