全2094文字
PR
Preferred Networks(PFN)と鹿島が共同で開発した、建築現場用の自律移動清掃ロボット「raccoon(ラクーン)」。建築現場はサービスロボットにとって実用化へのハードルが非常に高い応用先である。(写真:PFN)
Preferred Networks(PFN)と鹿島が共同で開発した、建築現場用の自律移動清掃ロボット「raccoon(ラクーン)」。建築現場はサービスロボットにとって実用化へのハードルが非常に高い応用先である。(写真:PFN)
[画像のクリックで拡大表示]

 深刻な人手不足やコロナ禍での3密回避のニーズなどによって、人と協働するサービスロボットの現場導入が多くの業界で本格化しようとしている。しかし、ロボットを導入したくても現実には人がタスクをこなした方が面倒がなかったり、コストに見合わなかったりといった理由で導入ができていない現場もある。その1つが建築中のビルの現場だ。ところが、その壁を突破したロボットが登場した。日本を代表するAI(人工知能)技術開発企業であるPreferred Networks(PFN)と鹿島が共同で開発した、建築現場用の清掃ロボット「raccoon(ラクーン)」だ。

 raccoonは建築現場で清掃ルートを事前に指定するティーチングをしなくても、自ら清掃可能エリアを探索しながら自律移動をして作業をする。既に鹿島が施工する首都圏のビルの現場2カ所で実証実験を実施し、多くの現場への本格導入に向けて開発を継続している。

 ロボットが完成したビル内をLiDAR(Light Detection And Ranging)で作製した地図情報を基に自己位置を推定し、自律移動するのは技術的にさほど難しいことではない。しかし、建築中のビルとなるとわけが違う。「技術的にめちゃくちゃ難しい」。今回の開発を率いたPFNエンジニアリングマネージャー ビジネス開発の猿田貴之氏はこう話す。