全2237文字
PR
光技術(フォトニクス)を活用し情報処理基盤の省電力化を目指すIOWN(撮影:日経クロステック)
光技術(フォトニクス)を活用し情報処理基盤の省電力化を目指すIOWN(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年5月の公表から3年近くが経過したNTTの次世代情報通信基盤構想「IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)」。当初、30年代の商用化を目指していたところ、「24年に最初のIOWNデバイスを開発し、25年にシステム開発完了、26年から商用導入する」(NTT常務執行役員研究企画部門長の川添雄彦氏)など、ここにきて導入前倒しの動きが目立ち始めている。21年11月16日から19日にかけてオンラインで開催したNTTの研究開発イベント「NTT R&Dフォーラム2021」では、そんな商用導入に向かって動きを速めるIOWN構想の現在を感じられた。

 「この3年弱でIOWN構想のムーブメントはかなり大きくなった。私の手を離れ、(この構想に参画する)みなさんそれぞれが、世の中を変えられると考えて動く状況になった」─。IOWN構想の名付け親であり、同構想を推進する国際団体「IOWN Global Forum」の議長も務めるNTTの川添氏はこう胸を張る。