全1477文字
PR
開発した「光ファイバー接続型量子光源モジュール」(撮影:日経クロステック)
開発した「光ファイバー接続型量子光源モジュール」(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTは、東京大学、理化学研究所と共同で2021年12月22日、光量子コンピューターの基幹技術である新型の量子光源モジュールを開発したと発表した(図1)。同光源モジュールは、入出力の光ファイバーと一体化した「光ファイバー接続型」と呼ぶ構造で、手のひらサイズ、しかも、大規模計算に必要な高量子ノイズ圧搾、THz級の周波数で動作が可能という特長を持つ。共同研究を行う東京大学大学院工学系研究科教授の古澤明氏は「今回のモジュールはゲームチェンジャーになるテクノロジー。大規模量子コンピューターの実現には集積回路化が必須と考えられていたが、集積回路化は必要なく、モジュールと光ファイバー光学系だけで実現できることが実証された。大規模量子コンピューター実現が一気に現実味を帯びる」とした。

図1 光ファイバー接続型量子光源モジュールの成果
図1 光ファイバー接続型量子光源モジュールの成果
手のひらサイズ、しかも、大規模計算に必要な高量子ノイズ圧搾、THz級の周波数で動作が可能という特長を持つ。(図:NTT)
[画像のクリックで拡大表示]