全2498文字
PR

 英Graphcore(グラフコア)は、DNN(Deep Neural Network)処理に向けた同社独自プロセッサー「IPU(Intelligence Processing Unit)」の第3世代IC「Bow IPU」を2022年3月3日(現地時間)に発表した(図1)。3月17日(日本時間)に開いた日本の報道機関向けオンライン会見に登壇した日本法人 グラフコア・ジャパン代表取締役社長の中野 守氏によれば、Bow IPUは第2世代のIC「Colossus Mk2 GC200(以下、GC200)」を3次元化することで性能向上を図ったものである。「GC200とほとんど同じ製造コストで処理性能を40%向上させることに成功した」(同氏)。

図1 DNN(Deep Neural Network)処理向けプロセッサーIC「Bow IPU」
図1 DNN(Deep Neural Network)処理向けプロセッサーIC「Bow IPU」
(出所:Graphcore)
[画像のクリックで拡大表示]