全1867文字
PR

 多くの自動車でメーター(クラスター)が針から液晶パネルに代わりつつある。このトレンドは、高級車だけでなく廉価な車両でも進んできた。今回はトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」に搭載されたクラスターを紹介する。このクラスターは、2021年に発売された高度運転支援技術「Advanced Drive」搭載のミライに搭載されていた部品である(図1)。これまで分解調査した中で、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」のクラスターは速度計以外が液晶で、米Tesla(テスラ)のEV「Model 3」とドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン)のEV「ID.3」は、フル液晶のクラスターとなっていた。ミライのクラスターも、フル液晶である。

図1 トヨタ自動車「ミライ」装着時のクラスターの様子
図1 トヨタ自動車「ミライ」装着時のクラスターの様子
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミライのクラスターは、搭載する100個近い電装品の中で最も大きい部品である。大きさは横幅約40cm×高さ約20cm×奥行き約15cmで、分解前の完成品では半円形をしている。