全2761文字
PR

 フラッシュメモリー関連で世界最大級のイベント「2022 Flash Memory Summit(FMS)」が米国カリフォルニア州サンタクララで2022年8月2~4日(現地時間)に開催された。主役になったのは、韓国SK Hynix(SKハイニックス)と韓国Samsung Electronics(サムスン電子)の韓国勢だ。SKハイニックスは世界初という238層のNAND型フラッシュメモリーを発表した。サムスン電子も、AI(人工知能)や機械学習に最適化した「Memory-Semantic SSD(メモリーセマンティックSSD)」と呼ぶ新たなSSDを公開した。世界的な景気後退でメモリー需要が減少する中、両社は技術力によってイノベーションを続ける意欲をみせた。

 NAND型フラッシュメモリーは、スマートフォン(スマホ)やパソコンのストレージであるSSDに使われる技術だ。近年ではストレージ容量の単位であるセルを垂直に積み上げる積層技術が重要になってきた。積層すればするほどストレージ容量を大きくできる。

 SKハイニックスが公表した238層NAND型フラッシュメモリーは、1つのセルに3ビットのデータを保存できるTLC(Triple Level Cell)をメモリーセルに採用するタイプだ(図1)。

図1 SKハイニックスがFMSに合わせて発表した238層NAND型フラッシュメモリー
図1 SKハイニックスがFMSに合わせて発表した238層NAND型フラッシュメモリー
(出所:SK Hynix)
[画像のクリックで拡大表示]