全2510文字
PR

 起業家のElon Musk(イーロン・マスク)氏率いる米SpaceX(スペースX)は2022年8月25日(米国現地時間)、巨大衛星通信網「Starlink(スターリンク)」の第2世代において、衛星とスマートフォン(スマホ)を直接通信できるようにすると発表した。海の上や山間部など現在の携帯電話網では圏外になるケースが多い場所でも、特別な端末を使うことなく通信できるようにする。衛星とスマホの直接通信は、楽天モバイル(以下、楽天)などが協業する米国の新興衛星通信事業者AST SpaceMobile(以下、AST)も取り組みを進める。米Apple(アップル)が2022年9月7日(米国現地時間)に発表した新iPhoneも、衛星との直接通信に対応し、新たな競争の号砲が鳴った。

 「スターリンクの第2世代は、スマホと直接通信できるようになる。帯域はそれほど広くないが、テキストメッセージや写真のほか、セルゾーンにそれほど人がいない場合は動画を送受信できる可能性がある。何よりも携帯電話の圏外をなくせることが重要だ。人々の命を助けられる」

 2022年8月25日(米国現地時間)、米通信事業者であるT-Mobile US(TモバイルUS)との共同会見に登壇したスペースXのイーロン・マスク氏は、スターリンクの新たなサービスについてこのように語った(図1)。

図1 発表イベントに登壇した、T-Mobile US CEO(最高経営責任者)のMike Sievert氏(左)とSpaceXのElon Musk氏(右)
図1 発表イベントに登壇した、T-Mobile US CEO(最高経営責任者)のMike Sievert氏(左)とSpaceXのElon Musk氏(右)
(出所:T-Mobile US)
[画像のクリックで拡大表示]