全2491文字
PR

 2022年9月、家電見本市「IFA2022」がドイツ・ベルリンで3年ぶりにリアル開催された。IFAといえば世界のテレビ市場でシェア1位の韓国Samsung Electronics(サムスン電子)と同2位の韓国LG Electronics(LG電子)が、最新のテレビディスプレーを展示し、技術を競い合うのが名物だ(図1)。

図1 IFA2022におけるサムスン電子の展示の様子
図1 IFA2022におけるサムスン電子の展示の様子
(出所:Samsung Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]

 IFA2022では、サムスン電子が有機ELディスプレー(OELD)テレビを展示するかどうかに注目が集まった。OLEDテレビはLG電子がリードする分野だ。サムスン電子は現状、ミニLEDバックライト搭載の「Neo QLED」テレビ、マイクロLEDディスプレーの「Micro LED」テレビを主力とする。サムスン電子は子会社である韓国Samsung Display(サムスンディスプレイ)が開発した次世代ディスプレー「QD-OLED」テレビを2022年春から販売しているものの、海外での展示は今回が初めてとなる。

 QD-OLED(量子ドット有機EL)は、サムスンが2019年から2025年までに生産施設構築と研究開発に13.1兆ウォン(約1.2兆円)もの巨額を投資する次世代ディスプレーだ。同社はQD-OLEDテレビを「現存する最高画質のテレビ」になるとする。

 そんなサムスン電子は満を持してIFA2022において、55型と65型のQD-OLEDテレビを展示した。ただ同社のIFA2022における公式ブースツアーでは、なぜかQD-OLEDテレビの紹介をスルーしたことが話題になった。