PR

2019年5月22~24日にパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2019」では、近未来の自動車を実現する技術が多数展示されていた。ここではそれらの技術展示を、(1)自動運転・ADAS(先進運転支援システム)、(2)電動化・電気自動車(EV)・電池、(3)電子部品・半導体に分けて紹介する。 (三宅 常之、野澤 哲生、近岡 裕、久米 秀尚、窪野 薫、高田 隆=日経 xTECH取材班)

■日経 xTECHのまとめ記事
最先端の自動運転や電池から驚きの素材まで完全網羅、写真で見る「人くる2019」

 クルマを造るだけではなく、移動に関するあらゆるサービスを提供するモビリティーカンパニーに生まれ変わる─。トヨタ自動車は、かねて同社が掲げるこのコンセプトに基づく出展ブースを「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に構えた。ブース内を「電動化エリア」「情報化エリア」「知能化エリア」の3つに分け、各要素技術やサービスを展示した。このうち、知能化エリアで新たな技術として出展したのが「覚醒度推定システム」だ。

トヨタ自動車の「覚醒度推定システム」
トヨタ自動車の「覚醒度推定システム」
運転者の眠気を検知するもので、自動運転車を成り立たせるのに必須の技術。合計15程度のパラメーターから、深層学習(ディープラーニング)技術を使って覚醒度を推定する。実用化については検討中。(撮影:日経xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い