PR

 注文から10分以内に空からハンバーガーが届く─。そんな新しい料理配達(フードデリバリー)サービスを米ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)が始めようとしている。フードデリバリーサービス「Uber Eats」において、自律飛行ドローンによる配達商用化の実証試験を米国サンディエゴで実施する。同社が主催した2019年6月のイベント「Uber Elevate Summit 2019(The 3rd Annual Elevate Summit)」で明らかにした。さらに、そのパートナーとして米マクドナルド(McDonald’s)と提携。マクドナルドのハンバーガーやポテトなどの料理をドローンで運ぶ試験を既に実施していることを明らかにした(図1)。

(a)専用ドローンによるフードデリバリーのイメージ
(a)専用ドローンによるフードデリバリーのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
(b)McDonald’sと提携
(b)McDonald’sと提携
[画像のクリックで拡大表示]
図1 Uberがドローンでフードデリバリー
Uber Technologiesは、フードデリバリーサービス「Uber Eats」において、都市部での自律飛行のドローンによる配達の商用化に向けた実証試験を米サンディエゴで実施する(a)。そのパートナーとして米McDonald'sと提携する(b)。2019年6月のイベント「Uber Elevate Summit 2019」で明らかにした。(写真:(a)はUber、(b)はUberの説明スライドを撮影したもの)