PR
全4644文字

2019年9月20日、NTTドコモがラグビーのW杯中継を皮切りに、第5世代移動通信サービス(5G)のプレサービスを始めた。ところが世界に目を向けると、5Gサービスや機器市場における日本の出遅れぶりが見えてくる。5Gサービスの概要に加え、世界の5Gサービスの状況や想定された課題、想定外だった課題、通信事業者が注力する用途や実際に人気を集めている用途などを紹介する。

 「いよいよ9月20日にドコモの5Gがスタートする。『プレサービス』とは言っているが、料金をいただかないだけで、本格的に5Gを開始する。ビジネス開発も本格的に進める」─。NTTドコモ 代表取締役社長である吉澤和弘氏は、5Gプレサービス発表会で「本格的に」という言葉を繰り返した。

 しかし実際には、5G対応スマートフォンは2020年4月の商用サービス開始まで販売せず、一般ユーザーが体験する機会は極めて限られる。

 9月20日時点で用意した端末は4機種7000台。これを用いてまず始めたのは、ラグビーのワールドカップの試合生中継を5G対応のスマートフォンで受信する「マルチアングル視聴」のデモだ(図1)。

図1 NTTドコモはスポーツ、音楽ライブ、観光のマルチチャンネル中継などをサービスの主軸に
図1 NTTドコモはスポーツ、音楽ライブ、観光のマルチチャンネル中継などをサービスの主軸に
NTTドコモが「5Gプレサービス」で提供したラグビーの「マルチアングル視聴」のデモ(録画映像を利用)の様子。利用者が好きなメインカメラを選べたり、選手のプロフィールを表示したりできる。音楽ライブでは、好きなアーティストだけを追うカメラなども選べるようにするという。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、今後の音楽ライブもこのマルチアングル視聴を実施していく計画だ。特定の出演者限定のカメラなどを視聴者が選べるという。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い