全3863文字
PR

日経クロステックと日経BP 総合研究所は共同で、米テスラの電気自動車(EV)、「テスラ モデル3」および「同モデルS」を分解・分析した。ここで見えてきたのは、従来のしがらみを持たない企業ならではの先進的な車両アーキテクチャーである。ECU(電子制御ユニット)の激減、メーターやヒューズの省略など、さまざまな部品で“クルマ造り”の常識を崩す。

 2020年1月22日、EVメーカー、Tesla(テスラ)の時価総額が1000億米ドル(約11兆円)を突破した。この結果、同日の終値で900億ユーロ(10兆997億円)の独Volkswagen(フォルクスワーゲン、VW)を超え、自動車メーカーの時価総額ランキングでトヨタ自動車に次ぐ世界2位になった。

 2019年の年間販売台数が1100万台に迫るVWに対して、40万台弱にとどまり、今なお赤字のテスラが、なぜこれほどまでの高い評価を受けるのか。それは、100年に1度といわれる自動車業界の変革期において、テスラが市場をリードしているとみられているためだ。

 既存の自動車メーカーは、これまでの車両を開発するために最適化された開発体制や生産体制を持つ。ところが変化の時代においては、これらが足かせとなり新しい技術や、現業を破壊するような施策に手を出しづらい。一方、しがらみのないテスラは、常識にとらわれない自由な発想でクルマ造りをしている。

 日経クロステックと日経BP 総合研究所が共同で行った「テスラ モデル3/モデルS」の分解・分析プロジェクトで見えた、テスラの先進性を解説する(図1)。

図1 テスラ モデル3をバラバラに
図1 テスラ モデル3をバラバラに
モデル3はテスラが大量生産を前提に、車体や駆動ユニット、電池パック、電子装備のすべてに目を配って設計した初のモデルである。分解には新潟国際自動車大学校の協力を得た。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料