全2422文字
PR

 コロナ禍で全米各地で在宅命令が出された2020年3月末、ロボット関係者による「The Ventilator Project(人工呼吸器プロジェクト)」がボストンでスタートした。人工呼吸器不足を解決するために、安価で大量生産可能な良質の機器を提供することを目指している。プロジェクトを率いたTyler Mantel氏に聞いた(図1)。

図1 Tyler Mantel(タイラー・マンテル)氏
図1 Tyler Mantel(タイラー・マンテル)氏
The Ventilator Projectの会長およびエグゼクティブ・リーダーシップ。創業したスタートアップの米Watertower Robotics社では、水道管の監視をするロボットを開発する。2013年に米Purdue Universityで機械工学と化学工学の学位を取得した後、米Schlumberger社でオフショア油田のフィールド・エンジニアを務める。スタートアップ創業前は、米Environmental Solutions Group社でプロダクト・マネージャーを務めていた。(写真:The Ventilator Project)
[画像のクリックで拡大表示]

人工呼吸器プロジェクトを始めた理由は何か。

Mantel氏 新型コロナウイルスの感染者数が急上昇している頃、何か手助けができないかと考え、ロボット開発者としては電子工学がベースにある人工呼吸器に挑むことが論理的だと思った。ロボット関係者何人かに声をかけ、彼らがさらに知り合いを誘って自然にチームができた。最初の1週間で15人ほどのチームになったが、今では250人だ。

遠隔作業を余儀なくされたと思うが、どのようにプロジェクトを進めたのか。

Mantel氏 そもそも遠隔作業はコミュニケーションの点で困難だが、今回は初めて一緒に仕事をするメンバーがほとんどだ。ただ、プロジェクトの初期にハードウエア開発ではコア・チームが実際に集まらなければならないと判断し、常に20~40人が現場で作業した。回路やセンサのテストなども必要だった。

どうソーシャル・ディスタンスを保ったのか。

Mantel氏 メンバーが個々に距離を保つのではなく、コア・チーム全体が社会から孤立して離れるようにした。私のスタートアップも籍を置くMassRobotics(ボストンのロボット・スタートアップのためのアクセラレーター)1)が作業場を提供してくれ、同じところに住んでここに通い、買い物は学生にまとめて頼んだりした。そうしないと開発は無理だっただろう。住まいは、ホステルや住居を提供してくれる協力者が次々と現れた。

開発グループはどのように分けたのか。

Mantel氏 スタートアップのようなものだ。PR・マーケティング、募金活動、コミュニケーション、インタフェース・デザイン、機械工学、電子工学、ファームウエア、ソフトウエア、製造容易性、品質管理、FDA認証などを担当するグループに分けた。数人のスタートアップが1年かけてやるようなことを、数カ月でやろうとした。