全5386文字
PR

疾患や老化によって低下した体の機能を回復させる「リハビリテーション」に、加速度センサーやVR(仮想現実)といった先端技術を使う動きが出てきた。患者の動きを数値化して解析することで、効率的なリハビリにつながる。同時に、脳研究の発展に伴い、脳の活動に着目したリハビリ技術の開発も進む。リハビリの効果を高める可能性のある技術を追った。

 医療の進歩によって脳卒中患者が一命をとりとめやすくなった一方で、体のまひといった後遺症に直面する患者が増加し、リハビリの実施件数は以前よりも増えている。例えば2019年版の「高齢社会白書」によれば、65歳以上の高齢者が要介護となる原因の第2位が脳卒中で、ここ10年増加の一途をたどっている。

 リハビリの需要が増す中でにわかに注目されているのが、リハビリの高効率化に貢献する先端技術である(図1)。これまでリハビリの効果は、リハビリを支援する側の手腕とリハビリを受ける側の意欲に大きく依存してきた。理学療法士がまひなどの障害の残る患者の手足を直接動かし可動域を広げ、筋力トレーニングを実施するが、自身の知識や過去の経験、感覚を基にしている。裏を返すと理学療法士の経験年数や個人の技量でリハビリの効果に差が生じる可能性がある。一方で、リハビリを受ける側の意欲がなければ効果を高めることは不可能だ。患者をやる気にさせることもリハビリの効果を高めるために重要になる。

図1 先端技術で高効率なリハビリを実現
図1 先端技術で高効率なリハビリを実現
ロボットやセンサー、VRなどの先端技術がリハビリ現場に導入されつつある。右下のベルトがAYUMI EYE。(写真:左はmediVR、右上は日経クロステック、右下は早稲田エルダリーヘルス事業団
[画像のクリックで拡大表示]