全6833文字
PR
分解作業は、ものづくりコワーキングスペースのDMM.make AKIBAで実施した。(写真:加藤 康)
分解作業は、ものづくりコワーキングスペースのDMM.make AKIBAで実施した。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

2020年10月23日、米Appleは5G対応の新型iPhone全4機種のうち2機種を発売した。2眼カメラを備える「iPhone 12」と、iPhoneで初となるLiDARと3眼カメラを搭載した「iPhone 12 Pro」である。その中身はどのように進化を遂げたか、まずは2機種を分解した。

 米Apple(アップル)は2020年10月23日、新型「iPhone 12」シリーズ4機種のうち2機種を先行して発売した。広角と超広角の2眼カメラを備える「iPhone 12」と、これらに望遠を加えた3眼カメラを備え、iPhoneシリーズで初となるLiDAR(Light Detection and Ranging)用センサーを搭載した「iPhone 12 Pro」である。

 さらに同年11月13日には、大画面タイプの「iPhone 12 Pro Max」と、小画面タイプの「iPhone 12 mini」を発売する。今回はまず、先行して発売された2機種を分解した(図1)。

図1 今回分解した2020年版iPhoneの外観
図1 今回分解した2020年版iPhoneの外観
左が「iPhone 12」、右が「iPhone 12 Pro」。2020年10月23日に発売されたこの2機種に加えて、2020年11月13日に発売する「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」も分解する予定である。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]