全8009文字
PR

2020年7月に一般販売が開始された米Microsoftの「HoloLens 2」。価格が約42万円(税込み)と高価だ。しかし、競合製品に比べて広い視野角や豊富なクラウド連携アプリケーションによって、法人向けを中心に採用が広がっている。今回はそのHoloLens 2を分解し、熱設計や光学系の内部を分析した。

 米Microsoftが2019年11月に発売したMR(Mixed Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「HoloLens 2」。2016年3月に発売した初代「HoloLens」(以下、初代)に比べて、視野の広さを2倍とし、処理性能や着け心地などを向上させたことで、法人での利用が大きく広がっている。

 HoloLens 2はこれまで法人向けに販売されてきたが、2020年7月に同社の公式オンラインストアで一般販売が開始された。価格は42万2180円(税込み)。今回、フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ ディレクターの柏尾南壮氏が購入した製品を、共同で分解・調査した(図1)。

(a)前頭部側(映像表示/センシング)
(a)前頭部側(映像表示/センシング)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)後頭部側(プロセッシング/電池)
(b)後頭部側(プロセッシング/電池)
[画像のクリックで拡大表示]
(c)左側面
(c)左側面
[画像のクリックで拡大表示]
(d)右側面
(d)右側面
[画像のクリックで拡大表示]
図1 HoloLens 2の外観
前後左右から見たHoloLens 2の外観。従来製品の初代HoloLensは、映像表示部やメイン基板などの主要部品が前頭部側に集中していたが、HoloLens 2では前後で機能を分散させた。(写真:スタジオキャスパー)