全6351文字
PR

2020年11月にそろって発売となった次世代ゲーム機「PlayStation 5」と「Xbox Series X」。両製品を比較すると、演算性能などの基本スペックは同等でありながらサイズやデザイン、熱設計などが大きく異なる。これらは何の違いから生じたのか。分解した内部構造から設計思想を分析した。

 2020年11月、据え置き型ゲーム機の2大メーカーからそれぞれ次世代のフラグシップ機が発売された。米Sony Interactive Entertainment(SIE)の「PlayStation 5」(以下、PS5)と、米Microsoftの「Xbox Series X」(以下、Series X)である(図1)。

図1 コスト重視のPlayStation 5とサイズ重視のXbox Series X
図1 コスト重視のPlayStation 5とサイズ重視のXbox Series X
PlayStation 5(PS5)とXbox Series Xの外観。それぞれ設計思想が異なり、コストを意識したPS5は大型に、デザインやサイズを意識したXbox Series Xは、比較的小型になっている。(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 PS5は7年ぶり、Series Xは3年ぶりのモデルチェンジとなる。はたしてPS5とSeries Xのどちらが優れているか。これらを分解して設計思想を分析した。