全7961文字
PR

2021年9月、米Appleは新型iPhoneである「iPhone 13」シリーズ4機種を発売した。サイズのラインアップは前世代の「iPhone 12」シリーズと同様で、日本版は5Gミリ波に対応しなかったため、ハードウエア的に新規に搭載された機能はほぼない。では中身は前世代からどのような進化を遂げたのか。4機種を全て分解し、比較しながら確認していく。

 米Apple(アップル)は2021年9月、計4機種の新型iPhoneを発売した。それぞれ、広角と超広角の2眼カメラを備える「iPhone 13」(以下、13)と、その小画面タイプの「iPhone 13 mini」(以下13 mini)、広角と超広角に望遠を加えた3眼カメラとLiDAR(Light Detection and Ranging)用センサーを搭載した「iPhone 13 Pro」(以下、13 Pro)と、その大画面タイプの「iPhone 13 Pro Max」(以下、13 Pro Max)である。今回は4機種全てを分解し、それらの中身にどんな違いがあるかを調べた(図1)。

図1 今回分解した「iPhone 13シリーズ」4機種の外観 
図1 今回分解した「iPhone 13シリーズ」4機種の外観 
左から順に、iPhone 13 mini、同13、同13 Pro、同13 Pro Max。13 miniと13の背面カメラの2眼のレンズは斜めに配置されており、縦に2つが並んでいた前世代から変更された。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、前世代のiPhone 12シリーズを分解した際は、米国版の「iPhone 12 Pro Max」(以下、12 Pro Max)を入手して分解し、5Gミリ波用のモジュールなどを調べていた。今回も、米国版の13 Pro Maxを入手し、同様に分解して調査した。