全6570文字
PR

ロシアによるウクライナ侵攻は、原油や天然ガス、パラジウム(Pd)、ネオン(Ne)といった希ガスなどの燃料や鉱物資源の多くに安定供給の危機をもたらしている。EV向けリチウム(Li)イオン電池(LIB)の材料も例外ではない。高品位ニッケル(Ni)だ。

 ロシアによるウクライナ侵攻は、原油や天然ガス、パラジウム(Pd)、ネオン(Ne)といった希ガスなどの燃料、鉱物資源の多くに安定供給の危機をもたらしている。EV向けリチウム(Li)イオン電池(LIB)の材料も例外ではない。高品位ニッケル(Ni)だ。2022年3月7~8日にはロンドン市場で前日の3.4倍、2020年の最安値から見ると約10倍に価格が暴騰。取引が約1週間停止する事態になった。Ni市場に何が起きたのか、今後のLIB生産に支障は出ないのかについて解説する。

 2022年3月7~8日にかけてロンドン金属取引所(LME)では前代未聞の事件が起こった(図1)。「Class 1」と呼ばれる純度99.8%以上の高品位Niの先物価格が暴騰し、8日には一時10万米ドル/トンに達したのだ。Class 1ニッケル製品は、世界で取引されるNiの約3割を占める。残り7割がClass 2と呼ばれる低品位Niで、一般的なステンレス鋼で広く使われている。

図1 3月8日にClass 1ニッケルが2020年の最安値の約10倍に暴騰
図1 3月8日にClass 1ニッケルが2020年の最安値の約10倍に暴騰
ロンドン金属取引所(LME)のClass 1ニッケル製品の価格の推移。2022年3月7日に始まった急騰は翌8日には一時10万米ドル/トンを記録。その後、LMEが8日の取引をすべてキャンセルしたため、記録上は5万米ドル/トン弱で止まった。取引は3月16日に再開したが、価格が5%変動すると取引を中止する制限が設けられた。この急騰はNPI(ニッケル銑鉄)の大手生産者である中国の青山が大規模な空売りを仕掛けたことによる。仕掛けは成功せず、同社は数千億円の含み損を抱えたが、 これもLMEや取引のある金融機関によって大部分が救済された。青山は、これまでにもお騒がせの前科がある。2020年10月にNPIを精製してClass 1ニッケルにする手法を開発したと発表。翌2021年3月には10万トンのNPI由来のClass 1ニッケルを出荷したことで価格が大幅に下がった。「青山ショック」と呼ばれる。(図:米Trading Economicsのグラフ に日経クロステックが加筆して作成)
[画像のクリックで拡大表示]