全4309文字
PR

 データ記憶装置の総出荷台数と総出荷金額で、2020年に初めてNAND型フラッシュメモリーを使うSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)に追い抜かれ、いよいよ風前の灯という見方もあったHDD(ハード・ディスク・ドライブ)(図1)。しかし、今後はアシスト記録という新技術の力を得て復活を遂げる可能性が出てきた。

図1 21年におけるHDDとSSD市場の比較
図1 21年におけるHDDとSSD市場の比較
総出荷台数はHDDの2億5900万台に対してSSDは3億8300万台。総出荷金額はHDDの236.8億米ドルに対してSSDは312.6億米ドル。1ドライブ当たりの容量にはまだ7.5倍ほどの価格差がある(図:テクノ・システム・リサーチの調査データを基に日経クロステックが一部改訂)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝と東芝デバイス&ストレージは、世界で初めて「共鳴型マイクロ波アシスト磁気記録(MAS-MAMR)」によるHDDの大幅な記録能力の改善を実証することに成功した。2021年12月27日に発表した。現時点では、「これまで理論として提唱されてきた原理を実証できた段階」(東芝 研究開発センター先端デバイス研究所ストレージデバイス技術ラボラトリー室長の山田健一郎氏)だが、これによって3.5インチ(in)のHDD1台で30TB超という大容量化へ向けての見通しが立ったとしている。