全3538文字
PR

 電気自動車(EV)の電池「交換式」普及に向けて、国内で2つの陣営が動きだした。充電の手間がなくなり、開発競争が進む電池も古くなれば即座に取り換えられる。このように電池交換式EVは利点が多いものの、“苦い過去"がちらつく。実証実験の壁を越えられるか。

 2025年の事業化を目指すのは、伊藤忠商事といすゞ自動車などのコンソーシアムだ。コンビニエンスストアの配送トラックに狙いを定めた。18年ごろから電池交換式EVの開発を進めてきたいすゞの知見を生かし、ファミリーマートで22年度下旬から試験運用を進める予定だ。

 同陣営の後を追うのが、ENEOSである。21年6月にEV電池交換システムを手がける米スタートアップのAmple(アンプル)と提携した。タクシーや物流トラック向けに22年度中に国内での実証を開始し、自動車メーカーの参画を働きかけていく(図1)。

図1 ENEOSと提携する米Ample(アンプル)の電池交換式システム
図1 ENEOSと提携する米Ample(アンプル)の電池交換式システム
充電ステーションは、駐車場の車両スペース約2.5台分。ENEOSはまず、日産自動車のEV「リーフ」を車体改造して電池交換式に対応させる予定。(出所:アンプル)
[画像のクリックで拡大表示]