全9082文字
PR

NTTが2030年代の情報通信基盤を塗り替えようと一丸となって取り組む「IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)」構想。NTTはその第1弾となる機能を早くも2022年度中にも社会実装する。超大容量かつ超低遅延の通信基盤となる「APN(All Photonics Network)」だ。APNは、オープン仕様に基づいて従来の光伝送装置を分離(ディスアグリゲーション)するアーキテクチャーを採用する。「最後の聖域」と呼ばれてきた光伝送装置市場を変革する、起爆剤になる可能性がある。

 「2022年度中に、規模を限定して一部の顧客にAPNを提供していきたい。基本的には県内サービスだ。まずは世の中に出すことで議論を加速することが目的だ」

 NTT研究企画部門IOWN推進室長の川島正久氏はこのように力を込める。

 IOWN構想とは、低消費エネルギーという特徴を持つ光技術を、コンピューティング基盤から通信に至るまで活用。世界の情報通信基盤を根本から変えていこうという壮大な構想だ。目標とする電力効率は現在の100倍、伝送容量は同125倍、エンド・ツー・エンドの遅延は同200分の1と極めて野心的な目標を掲げる。

 先兵となって社会実装するAPNは、IOWN構想の主要な構成要素の1つだ。その名の通り現在、都市間を結ぶような中継系のコアや都市内を巡らせるメトロネットワークに使われる光伝送技術を末端となるエンドユーザー近くにまで拡張。「1人1波長」のように超大容量の光のパスを用途ごとに柔軟に構成できるようにする(図1)。

図1 超大容量・超低遅延を実現するIOWNの主要構成要素である「APN」
図1 超大容量・超低遅延を実現するIOWNの主要構成要素である「APN」
拠点間をオンデマンドで動的に光パスを張るようなイメージである(出所:NTTの資料を基に日経クロステックが作成)
[画像のクリックで拡大表示]