全2005文字
PR

 2020年3月24日、トヨタ自動車とNTTは互いに2000億円相当の株式を持ち合い、スマートシティービジネスの事業化を目指す業務資本提携を結ぶことで合意した。自動車業界と通信業界を代表する、日本で株式時価総額の1位とそれに次ぐ規模の企業が手を組む大型企業連携である。

 両社はスマートシティーでの生活、ビジネスおよびインフラ、公共サービスなどを対象にして価値を提供する「スマートシティプラットフォーム」を共同で構築。トヨタが静岡県裾野市に作る実証都市「Woven City」と東京都港区の品川駅前のNTT街区の一部に実装する予定だという。今回は、日本を代表する企業同士の異業種連携の枠組みの中で、スマートシティーにどのように取り組むべきかを議論した。

表1 「トヨタとNTTの協業、私ならこう生かす」をテーマにしたテクノ大喜利の回答
田口眞男氏 服部 毅氏 中田行彦氏 濱田 悠氏 貝瀬 斉氏 大山 聡氏
MTElectroResearch 服部コンサルティング インターナショナル 立命館アジア太平洋大学 アーサー・ディ・リトル・ジャパン ローランド・ベルガー Grossberg
回答総括 近未来の生活を創造してGAFAに対抗する日本のドリームチームの底力を見たい クルマ起点でスマートシティーのビジョンを描く限り、正解には至らない 日本の強みである「すり合わせ文化によるモジュール化」を生かした新社会基盤の構築に期待 “にぎわい頼み”に一石を投じる、ウィズ/ポストコロナ時代の街づくりの新基軸構築を 生活者個人の価値観を知り得たトヨタ、鍵は人の幸せを起点とした事業づくり トヨタとNTTだけでは構想は完結しない。GAFA対抗の鍵はインフラの扱いにあり
【質問1】 自動車メーカーと通信サービスプロバイダーの協業体制の下で、いかなる価値を持つスマートシティーの情報基盤を築くべきだと思われますか? 管理されることと利便性の関係が、合理的であること ICTの技術力で既存都市が抱える諸問題を解決し、質の高い生活ができる持続可能な社会を実現するための包括的な情報基盤を築くべき。それはクルマ中心の社会にあらず 安全・便利を超えて、より高いビジョンである「自己実現」を分かりやすく支援する社会基盤を構築してほしい 技術でなく人・社会オリエンテッドなデジタル街づくり基盤 プライバシーに配慮して生活者一人ひとりへの理解を深める情報基盤 MaaSの実用性も大事だが、非常時の堅牢性を保証することが最も重要
【質問2】 日本の巨大企業同士の組み合わせだからこそ生み出せるムーブメントは何だと思われますか? 新しい成長の芽と国を動かす力 動きの遅い巨象が2頭そろった同床異夢のムーブメント。時代を先取りしスピード感ある多数のベンチャー企業に投資すべきだ トップ企業同士の提携が、より大きなグローバル提携と「共創」のムーブメントの引き金となる 真の社会実装に向けた機運の醸成(企業の本格投資、住民の街づくりへの議論の参画など) コミュニティーを通じた生活者と一緒になった幸せづくり サービスを拡大させる上で、参加企業を引きつける求心力
【質問3】 トヨタ自動車とNTTが創出する「スマートシティプラットフォーム」を、グローバルビジネスとして展開できる可能性があると思われますか? 今度こそ期待するが、日本的弱点の分析と克服が無ければ難しい 思わない。ガラパゴス的発想だから このままではグローバル競争に勝てない。日本の「すり合わせ文化」による「モジュール化戦略」の展開に期待する 「水平展開プロダクト×地域リレーション」の組合せでスケール獲得を 十分ある。ポイントは社会アーキテクチャー 可能性は十分にある