全2276文字
PR

 新型コロナウィルスの影響で、2020年のトピックの1つだった5Gスマートフォンの商戦はすっかり出鼻をくじかれてしまった感がある。ただし5G活用の主戦場は工場設備や社会インフラのモニタリングなど産業IoTにあるとの見方は多く、本番はこれからだ。

 日本では、産業IoTでの5G応用を後押しすべく、独自の通信事業者認可制度を導入した。2019年12月に制度化された通信事業者以外の企業・自治体が運営する自営5G「ローカル5G」である。既に、高速・大容量に向けた準ミリ波による28GHz帯の免許を取得可能になり、Sub6の4.5GHz帯の割り当ても検討されている。今回のテクノ大喜利では、ローカル5Gの応用・ビジネスの行方と、産業IoTの発展への貢献を議論した。

表1 「ローカル5GはIoT活用の起爆剤になるか」をテーマにしたテクノ大喜利の回答
岸田重行氏 クロサカタツヤ氏 大江隆徳氏 石野雅彦氏
情報通信総合研究所 企(くわだて) ワイ・ディ・シー 東海東京調査センター
回答総括 大化けの可能性十分なローカル5G、3つの強みでIoTで高信頼通信 そもそも論抜きではローカル5Gも罠にはまる、目的の見極めが肝心 製造業用IoTには高い機密性が必須、ローカル5Gは有力な解 個別対応が基本のローカル5G、スケールメリット確保が成功の鍵
【質問1】 ローカル5Gは、産業IoTの応用や利用の拡大に大きく貢献すると思われますか? 貢献する可能性は十分にある ローカル5Gは価値ある産業IoTの実現手段の1つ、まずは導入目的の見極めが肝心 アイデア次第ではあるが、大きく貢献できる可能性はあると考える 日本の限られた範囲で貢献するが、グローバル化によるスケールメリットを得ることが課題
【質問2】 LPWAやWi-Fi6など、競合する無線通信技術では実現できない、ローカル5G固有の特徴が生きる応用は何だと思われますか? 高信頼通信 端末認証とmMTC(多数同時接続) 製造工場など高いセキュリティーを必要とする局所高速通信システムが応用の1つと考える 地方創生
【質問3】 産業IoT向け以外の応用も念頭に置いて、ICT企業やFA企業のローカル5G関連ビジネスは、大きく育つと思われますか? 育つ。ただし、Wi-Fi関連ビジネスの規模を超えるにはステップと時間が必要 ローカル5G関連ビジネスの成長には、さらなる環境整備が必要 ITベンダーが企業側の問題・用途を理解したビジネス展開を行えるなら、大きく育つと考える ローカル5G関連ビジネスの単独成長は容易でない