全1921文字
PR

 パソコンやサーバー、スマートフォン(スマホ)などを開発・生産する機器メーカーやIT企業が、一斉に独自チップを開発している。

 米Appleは、同社のパソコン「Mac」に自社開発のプロセッサー「Apple Silicon」を搭載していくことを明らかにした。これによって同社は、ほぼすべての製品の中核に置くプロセッサーを自社開発することになり、米Intelは大きな顧客を失うことになった。スマホの分野では、米国ではGoogleが、中国ではHuaweiに続きVivo、Oppoなどが、スマホ向けSoCを自社開発すると表明。米Qualcommも大口の顧客を失う可能性が出てきている。

 今回のテクノ大喜利では、大口半導体ユーザー企業による独自チップ開発が拡大していく潮流を見据え、電子産業における開発と生産のフレームワークが今後どのように変わっていくかについて議論した。

表1 「独自チップ時代の電子業界のフレームワーク」をテーマにしたテクノ大喜利の回答
半導体産業OB氏 田口眞男氏 大山 聡氏 服部 毅氏 石野雅彦氏
元 某ハイテクメーカー MTElectroResearch Grossberg 服部コンサルティングインターナショナル 東海東京調査センター
回答総括 水平分業の強みが際立つ時代に幕、独自チップ開発は確実に広がる 本来独自チップ開発はハイリスク・ハイリターン、だが状況は確実に変化 自動車が日本の中核産業ならば、独自チップ開発にもっと注力すべき 独自チップ開発で大口顧客を失う、半導体専業メーカーの活路を探れ 一層高まる独自チップ保有のハードル、一握りの巨大企業だけの特権
【質問1】 独自チップ開発は、機器メーカーやIT企業の競争力を高めるための論点として、今後定着していくと思われますか? 時代は変わった。定着する 独自チップを開発する流れは加速するが、事態は複雑で熟慮が必要 広く普及するとは思えないが、一部の大手企業には定着すると思われる 既に定着していると思う 独自チップの開発コストが収益性を圧迫しない成長事業分野を持つ企業ならば定着する
【質問2】 独自チップ開発の動きは、パソコン、サーバー、スマートフォン、ゲーム機以外の分野にも広がっていくと思われますか? 広がっていく 自動車など数量が出る市場、セキュリティーに関係した市場などが考えられるが、ファッション市場も有望 自動車に広がる可能性がある 思う。特に自動運転車向け 広がるが、収益性の高い巨大市場にはなりにくい
【質問3】 仮に、独自チップ開発の動きが拡大・定着することで、プロセッサーやSoCを扱う半導体専業メーカーのビジネスはどのように変わると思われますか? 半導体専業メーカーに未来などない。でも、あえて考えてみる AIが救世主かも知れないが、同時に知財戦略を強めざるを得ないだろう SoCメーカーにとって、Teacher Customerとの連携がより重要視される 低価格の薄利多売で勝負、さらに高度化したASSPの開発、新たな顧客や市場開拓、独自チップ開発者への支援など 企業間の合従連衡が進展する