全2094文字
PR

 業界を超えた半導体争奪戦のなか、半導体業界は活況を呈している。そんな好機の波に乗れない企業がある。米Intelだ。米IC Insightsの調べによると、半導体メーカーの売り上げトップ15社のうち、Intelは1社だけ2021年第1四半期が前年比でマイナス成長となった。その他14社の平均成長率は同29%だった。

 Intel CEOのPatrick Gelsinger氏は、こうした現状を打破すべく、「IDM2.0」と呼ぶ新戦略を打ち出した。台湾TSMCなどサードパーティーファウンドリーと共生しながら、自らも先端チップの開発・製造をリードするIDMとしての立ち位置を維持することを狙ったものだ。IDM2.0の取り組みの柱は3つ。「グローバルな社内工場ネットワークの構築」「サードパーティーファウンドリー活用範囲の拡大」「ファウンドリービジネスの実践」である。

 近年、最先端チップの開発と製造でつまずいたとはいえ、Intelは現時点でもシェア1位の半導体メーカーだ。今回は、IDM2.0が半導体業界に及ぼす影響について議論した。