全1965文字
PR

 かつて数多くの日本製品が世界市場を席捲した時代があった。テレビなどの家電製品や携帯電話機、半導体、液晶パネル、バッテリーなどはその代表格だ。ところが残念なことに、こうした製品が世界で競争力を長期にわたって維持することはできなかった。

 もちろん、日本企業の中にも長期にわたって強みを維持している分野はある。電子部品や家庭用ゲーム機、半導体製造装置などだ。今回のテクノ大喜利では、日本企業が長期覇権体制を維持できる分野を育成するための視点などについて議論した。

 数多のビジネスでの激しい浮沈を振り返ると、日本の電子産業には「一発屋体質」と呼べるような病巣が潜んでいるようにも感じる。各回答者からは、その原因となり得る、日本企業固有の経営環境や商習慣、仕事の進め方が相次いで指摘された。