全5701文字
PR

 KDDIは2022年5月13日、2023年3月期から2025年3月期まで3カ年の中期経営戦略を発表した。5G(第5世代移動通信システム)を中核に据え、通信と非通信の両輪で成長を図る狙いだ。NTTドコモやソフトバンクが、料金引き下げの影響で成長の軸足を非通信に移す戦略に対し、KDDIは値下げ影響を脱し、通信分野でも反転を目指す。その勝算についてKDDI社長の髙橋誠氏(図1)に聞いた(聞き手=堀越功)。

図1 「料金引き下げの影響は結構、大きかった」と話すKDDI社長の髙橋誠氏
図1 「料金引き下げの影響は結構、大きかった」と話すKDDI社長の髙橋誠氏
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

新たな中期経営戦略では、5Gを中核に据えた「サテライトグロース戦略」を掲げました。これまでの「通信とライフデザインの融合」から転換した理由は。

 終わった期までの中期経営戦略は、通信とライフデザイン商材を融合させていく戦略だった。成長分野であるライフデザイン領域とビジネスセグメントで売り上げを伸ばしていくという戦略はうまくいったものの、全社の中期経営戦略の期間(2020年3月期~2022年3月期)におけるCAGR(年平均成長率)は1.5%にとどまった。料金引き下げの影響は結構大きかった。

 通信事業者である我々は5Gを元気にしなければならない。ならば、太陽のように輝く5Gをど真ん中に置き、DX(デジタルトランスフォーメーション)や金融、エネルギーなどの注力領域を惑星のように仕立てる。そうすることで、全社的に迫力のある中期経営戦略になると考えた。これをサテライトグロース戦略と呼んでいる。

 もう一つ、我々はこれまでの「通信とライフデザインの融合」戦略を「両利きの経営」として、左手が既存通信事業、右手が新規事業と捉えていたものの、課題を指摘されたことがある。右手の新規事業が「飛び地のように見える」というものだ。新たな戦略では、こうした指摘を踏まえた面もある。