全5348文字
PR

2022年3月末に5G(第5世代移動通信システム)の人口カバー率90%を達成したソフトバンク。同社社長執行役員兼CEO(最高経営責任者)の宮川潤一氏は2022年5月の決算会見で「2022年度にラスト集中投資し、5Gのエリア展開を一段落させたい」と語った。ソフトバンクは、5Gネットワークの進化の道筋をどのように描いているのか。技術全体を統括する、専務執行役員兼CTO(最高技術責任者)テクノロジーユニット統括の佃英幸氏(図1)に、同社のネットワーク戦略を聞いた。(聞き手=堀越 功)

図1 ソフトバンク専務執行役員兼CTO(最高技術責任者)テクノロジーユニット統括の佃英幸氏
図1 ソフトバンク専務執行役員兼CTO(最高技術責任者)テクノロジーユニット統括の佃英幸氏
2G時代から一貫してモバイルネットワークの構築に携わってきた(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

5Gネットワークについて「2022年度にラスト集中投資しエリア展開を一段落する」としています。今期はどれくらいのカバー率を目指すのでしょうか。

 「ラスト集中投資」ばかりが強調され、これで終わっちゃうのかと思われているようだが、そうではない。「アクセル全開で投資する」フェーズが終わるという意味で「ラスト集中投資」と言っている。その後、平常状態に戻るということだ。

 私は第2世代の携帯電話(2G)からネットワーク構築に携わってきた。新しい世代への切り替えに際し、ゆっくりと投資してはいけない。世代をまたぐ境界が増えてしまい、切り替わるタイミングで通信が不安定になってしまうからだ。

 2021年度は過去最高数の基地局を展開した。2022年度もそれに準ずる規模で基地局を展開する。ただし、今期は利用者の体感品質を高めるための集中投資だ。

 2021年度に5Gエリアを一気に広げたが、実際にはエリアの隙間や弱電界が残っている。今期は密度を高め、実際の体感品質を高めるために基地局を展開する。設置する基地局はものすごい数になるが、2022年度末の人口カバー率は91%を超えるくらいにとどまる見込みだ。

5Gネットワークについて、「需要に応じたスポット設計」も進めるとしています。

 5Gは産業用として期待されている。人口カバー率を広げる考え方に加えて、企業や産業のニーズに応じて、スポット的にエリアを広げていくという意味だ。

 工場や農地があるところで5Gを利用したいという産業のニーズがあれば、速攻で対応する。こういった側面にも注力する。

ソフトバンクの5G展開は、4G帯域の転用がメインだと思います。5G専用帯域であるサブ6GHz帯やミリ波帯の本格展開も進めるのでしょうか。

 ミリ波帯は、周波数帯が高く独特の特性があるので、様子を見ながらニーズがあるところに集中的に打っていく。

 ソフトバンクのサブ6GHz帯は、NTTドコモやKDDIと異なり、3.9GHz帯の1帯域しかない。しかもこの帯域は、衛星システムの地上局との干渉調整が必要で、がんがん展開するわけにはいかない。そのために戦略的に、(4G帯域である)3.5GHz帯などを中心に5Gネットワークを広げている。

 これらの帯域はサブ6GHz帯と異なり100MHz幅の帯域を取れない。しかし(4G帯域で)合計80MHz幅を5Gに充てることができれば、実効レートで他社と比べても大きな差は出ない。

2021年には「5Gにつながっているけれどもパケットが止まる」という5Gパケ止まりの問題が表面化しました。

 5Gの境界エリアでは、中途半端に5Gを引っ張るのではなくバサッと4Gに落としたり、5G電波が飛びすぎないようにあえて出力を絞ったりするなどして、対策を進めている。

 今期、境界エリアの密度を高めた時に出力を上げると、ネットワークが厚く広がる。パラメーターを慎重に見ながら、品質を徹底的に高めていきたい。

2022年度連結業績予想において、通信料金の引き下げによる前年比の減益影響がマイナス900億円の見込みとありました(図2)。ネットワークを効率的に構築する必要性が高まる中、5Gネットワークの人口カバー率はどの程度まで高める考えでしょうか?

図2 2022年度を設備投資のピークとして、2023年度以降は1000億円規模を削減する目標を掲げる
図2 2022年度を設備投資のピークとして、2023年度以降は1000億円規模を削減する目標を掲げる
(出所:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯電話ネットワークは10~15年で世代が変わる。いずれ4Gは終了し、5Gと6Gだけになる。その点からいえば、5Gの人口カバー率は99%まで高める。

 ただし一足飛びに進める必要はない。4Gのベースレイヤーに5Gをオントップで重ねるだけでも十分な品質を得られる。野球場のような非常に多くの人が集まる場所では、Wi-Fi6のような技術を併用し、トラフィックの一部を任せる形で、コストがかからないネットワークを実現できる。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)のようなARPU(契約当たり月間平均収入)向上につながるような利用形態については、5Gでカバーする。

 1つの方策だけでトラフィックを処理しようとすると、必ず品質は劣化し、期待されている性能が出ない。5G単独で無理せず、さまざまな技術を併用することがポイントになる。