全1852文字
PR

新たに開発するクルマの乗り心地を判断する達人。それが「評価ドライバー」と呼ばれる存在だ。乗った瞬間にそのクルマの課題が手に取るように分かるという。日産自動車(以下、日産)の大ヒット車「ノート e-POWER」の裏にも達人はいた。そのテスト走行。彼らは加減速の瞬間に生じた小さな違和感を見逃さなかった─。(本文は敬称略)

 「これはいけるぞ、間違いなく競合にも勝てる」

 「ああ。電気自動車(EV)『リーフ』とほぼ同じ走りだ」

 舞台は日産栃木工場にあるテストコース。ノート e-POWERの試作車を運転し終えた評価ドライバーの池亀聡と南條隆志は興奮を隠しきれなかった。

テストコースを構える日産自動車の栃木工場
テストコースを構える日産自動車の栃木工場
写真は2015年1月に日産が公開した資料(写真:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 2人は数十年にわたって、毎年60台以上のクルマに乗り、快適な走行とは何かを突き詰めてきた。中でもリーフはモーターの制御指令に対するトルク応答性の良さを生かし、日産としての理想の走りを実現したクルマだ。そのリーフを目標としたノート e-POWERの走りは限りなく理想に近いものだった。

 ところが……。

 「ただ、100点まではまだ足りない。あと少し届かない」

 理想を追い求める評価ドライバーだからこそ、ある1点に違和感を覚えた。それは加速時と減速時の乗り心地。アクセルを踏んだり戻したりした直後、1秒にも満たないくらいのわずかな時間だが、車両が前後に動いている。これにより、ぎくしゃくした印象を受けてしまう。ノート e-POWERはモーター駆動で走りが滑らかであるが故に、そのガタつきが一層悪目立ちしていた。

日産自動車の「ノート e-POWER」
日産自動車の「ノート e-POWER」
写真は2016年11月の新車発表会時。写真左から、共同最高経営責任者の西川廣人氏、専務執行役員の星野朝子氏。役職はいずれも当時(写真:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]