全831文字
PR

 長かった梅雨が明けた瞬間、猛暑がやってきました。本格的な夏の到来に、げんなりするのが屋外での活動です。蒸し暑い外気に加え、アスファルトからの照り返しによって、ちょっと歩いただけで汗だくです。真夏でも屋外で快適に歩けないか。Emerging Tech「着るクーラーや扇風機が続々 ペルチェや気化熱を利用」で紹介した製品は、まさにこうしたニーズにマッチしたものです。

 着るクーラーも着る扇風機も、私はまだ試していないのですが、これで涼を取れたとして、さらに一歩進められないかと考えています。まずは、腰から下、つまりズボンと靴です。着る扇風機なら上半身は涼しそうですが、足はどうでしょうか。また、アスファルトから直接熱を受ける靴の中はかなり高温になり、蒸れてしまいます。もう1つは顔です。新型コロナ感染症の感染拡大によって、出かけるときにマスクは必須となってしまいました。最近では、清涼感を感じたり、息苦しさを低減したりしたマスクも登場していますが、炎天下の移動時にはやはり、暑苦しさや息苦しさを感じてしまいます。

 ではどうすればいいか。そこで思い当たったのが、「ダース・ベイダー」スタイルです。あの全身をすっぽりと覆うスーツとヘルメットの出で立ちであれば、外部からの熱を遮断して、内部構造で全身の温度をコントロールできそうです。

 あんな格好が一般化するなんてあり得ない─。そんな声も聞こえてきそうですが、私は意外とアリではないかと思っています。例えば、着る扇風機ですが、工事現場では当たり前のように使われています。最初に着ている人を見たときには不思議な感じがしましたが、今では何とも思わなくなりました。

 マスクについては、既に韓国LG電子が小型ファンを搭載して快適性を高めた製品を開発しています。鼻から下をすっぽり覆うようなものですが、このご時世、これを付けて外を歩いても、変には思われないでしょう。両方を着れば、ダース・ベイダースタイルまであと一歩です。(中道)