全824文字
PR

 今回の特集では宇宙ビジネスを取り上げました。読んでいただければ分かりますが、宇宙ビジネスは今後、伸びシロしかありません。ロケットの打ち上げの中心が官から民に移った今、打ち上げられるロケット、周回軌道に投入される人工衛星の数は、これから増えることこそあれ、当面の間、減ることはないからです。ロケットも衛星もますます安くなり、地上から宇宙への物流量は加速度的に増えていきます。地上ではパイの取り合いのようなビジネスしかない一方、パイが広がる宇宙関連ビジネスは魅力的です。

 とはいえ、一体、どの分野で宇宙ビジネスに参入するかは悩ましいところです。そのヒントとなりそうなのが、特集の記事中に登場する古河電工の小型衛星向けホールスラスターの電源開発の話です。ホールスラスターは、電離させた希ガス(キセノンなど)を電界の勾配によって宇宙に放出することで推力を得るもので、この電離と加速電界形成のために電力が必要です。この電源を軽く、小さく作れれば、競争力があると古河電工は見込んで、この分野に参入したというのです。

 確かに、ロケットの打ち上げはkg当たり数百万円というレベルなので、重さが大きくコストに直結します。また、打ち上げられる容積も限られているため、大きさも重要です。この事例が参考になるのは、いきなり飛び地ではなく、衛星でのニーズを捉え、自社の得意技を組み合わせ、宇宙ビジネスに乗り出したところです。

 宇宙関連機器は、これまで官需に支えられた小さな市場だったため、軽量化・小型化など民生品の知恵が入っていない領域が多数あります。ホールスラスター向けの電源だけでなく、太陽電池周辺、蓄電池周辺、オンボードシステムへの電源供給などでも、軽量化・小型化のニーズはありそうです。また、宇宙空間に行ってしまえば、部品交換はできないため信頼性も重要です。こうしたニーズに応えることは、日本企業の得意とするところのはずです。

 日本企業のこれからに期待しています。