PR
(撮影:Apple)
(撮影:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年10月に同年3機種目のiPhoneとして発売された「iPhone XR」(米Apple)。3機種の中で唯一液晶パネルを装備しているが、同様にホームボタンはなく、ディスプレーが端末の下端まで広がる。つまり、液晶を採用していた「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」に比べ、液晶の光源であるバックライトLEDを置くスペースが激減したことを意味する。その結果、iPhone XRのバックライトLEDの形状は「ヒモ」となった。まさに、世界で最も進んだ液晶技術の粋を集めた製品と言える。

 一方で割高感から不調との噂が流れる。背面カメラを1個とし、感圧タッチ技術「Force Touch」を省くなどコスト低減を図るものの、顔認証機能「Face ID」などの目玉機能を搭載しており、iPhone 8 Plusより原価は高いとみられる。