PR
(撮影:Motorola)
(撮影:Motorola)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年4月、米国と韓国で一般消費者の携帯電話機向け5Gサービスが始まった。当初の開始予定を繰り上げることで「世界初」を主張したのが米ベライゾン(Verizon)で、その対象となった5G端末が米モトローラ(Motorola)のスマートフォン「moto z3」と機能拡張デバイス「moto mods」の一種となる5G対応モデム「5G moto mod」を組み合わせたものだ。 “5Gの本命”こと便宜上「ミリ波」と呼ばれる28GHz帯対応端末である。