全471文字
PR
(撮影:HMD Global)
(撮影:HMD Global)
[画像のクリックで拡大表示]

 4億台の市場があると言われるフィーチャーフォン(ガラケー)で、シェア1位のフィンランドNokia(ノキア)ブランドの最新端末「Nokia 220 4G」の価格は、日本円で5000円を切る。そのチップセットを供給するのが中国Unisoc Communicationsだ。パワーアンプを含むチップセットの推定原価は5.2米ドル。これはミドルレンジの4Gスマートフォン(スマホ)向けの原価の約1/6だ。低価格化のためにカメラやディスプレーの性能を割り切っている。ガラケーなのでディスプレーサイズは小さく、カメラは30万画素とタダ同然の金額で作れるものを採用した。高いグラフィック性能は不要なため、DRAMの容量は16Mバイト、写真などを保存するフラッシュメモリーも24Mバイトと格安スマホよりケタが3つほど少ない。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料