全783文字
PR
(写真:Xiaomi)
(写真:Xiaomi)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス開始当初は10万円前後の高級スマートフォンの専用装備だった5G(第5世代移動通信システム)だが、続々と5G対応の廉価スマートフォンが登場し始めている。例えば、中国Xiaomi(シャオミ、小米)が日本向けとして初めて投入した「Mi 10 Lite 5G(XIG01)」は、KDDI(au)から3万2740円(税込み)で販売されている。Sub-6周波数帯のみの対応でミリ波対応ではないものの、3万円台を実現した。