全45文字
PR

基盤開発

アクセスランキング
1
(図:東京理科大学 駒場研究室)
(図:東京理科大学 駒場研究室)
カリウムイオン電池台頭、「リチウム」に閉塞感 45秒満充電・高出力密度

 既存のリチウム(Li)イオン2次電池の性能向上に対する閉塞感が高まる中、Liイオン以外の電池内キャリアを用いる2次電池技術に注目が集まっている。その代表例がナトリウム(Na)イオンを用いた2次電池(NIB)だったが、ごく最近になって、カリウム(K)イオンを用いた2次電池(KIB、またはPIB)にも脚光が当たり、論文数が急増している。
2 「成熟したはず」の弾性表面波フィルターが、新技術開発ブームに沸くワケ
3 ソニーがイメージセンサーでスイス新興企業を買収、「イベント駆動型」に本腰
4 噂の廉価モデル“iPhone SE2”、新型肺炎で量産準備が1カ月遅れ
5 パナソニック全力のVRグラス、テレビの「次」へ 21年投入目標
6 秋田を空飛ぶクルマ用モーターの開発拠点に、“自動車電動化の父”が推進
7 サムスンの「ブラシ付き」縦開き型折り畳みスマホ、気になるヒンジや屈曲への耐久性は?
8 米アップルが半導体購入で世界トップに、韓国サムスンを抜く
9 FPGAにブレークスルーか、ビア・スイッチで論理回路面積を1/10未満に
10 激変するメニーコア・プロセッサー、「チップレット+3次元実装」が一大潮流へ