全1279文字
PR

AR/VRは継続的に記事にして

 Breakthrough「AR/VRで時空を超える」では、一時のVRブームが治まった後の動向を概観できた。AR/VRが浸透していくとき、HMD(Head Mounted Display)は他のデバイスが出てくる可能性もあり、必須ではないかもしれない。継続的な記事を期待します。(匿名希望、神奈川県、52歳)

独自の再定義が分かりやすい

 「AR/VRで時空を超える」が印象に残った。AR/VRの再定義が分かりやすく、かつ最新の技術トレンド、課題も詳細に調査されていて理解が深まった。この手の技術が伸びる一因として、一般的にはタブー視されているアダルト市場の規模や最新技術、その先にある未来の性生活などにも踏み込めると、さらに良いと感じる。(匿名希望、東京都、52歳)

電池の技術動向に注目

 Hot News「マクセルが硫化物系全固体電池、2020年度に量産へ」が興味深かった。電池の技術動向に注目している。今後、ロボット向けの材料開発や、生体適合性材料の開発とアプリケーションに期待している。(匿名希望、東京都、61歳)

巻き取れるディスプレーを見たい

 「マクセルが硫化物系全固体電池、2020年度に量産へ」を読み、安全で長寿命の固体電池開発では日本が世界をリードしていってほしいと感じた。Hot News「紙より薄い有機ELシート、NHKと日本触媒などが試作」も印象に残った。技術的課題を克服し、巻き取れるディスプレーの開発を目指してほしい。(比嘉良史、神奈川県、51歳)

高周波無線を使う5Gに懸念

 「ついに日本も5G時代へ、『つながらない問題』克服が課題」が印象に残った。5Gは周波数が高いので心配をしていたが、やはり現実問題であったことが認識できた。それに対するキャリアの対策も興味深かった。Emerging Biz「自動運転技術の成熟と社会実装には、レベル3ではなくレベル2+が必須か」では、レベル3に対する見方の中で「ドライバーに責任を丸投げ」は面白かった。(匿名希望、長野県、56歳)

パワー半導体は重要技術

 Emerging Tech「SiC-CMOSや激安ウエハー、パワー半導体が多様に進化」を興味深く読んだ。自分の専門周辺分野であり、厳しい環境下でのセンシングやエネルギー課題対策へのキー技術と考えているから。(匿名希望、神奈川県、53歳)

Appleの自前UWBチップに驚き

 Emerging Biz「『寝耳の水』のUWB搭載、iPhone 11に見る『スマホの次』」の記事を読み、米AppleがiPhone 11にUWBを実装、しかも自前チップで突然出してきたことに驚いた。(匿名希望、栃木県、45歳)

注視していきたい空の移動革命

 Emerging Tech「ヤマトHDとヘリ大手のBellが『空飛ぶトラック』、30kgを可搬、次世代物流の標準狙う」を興味深く読んだ。先日、空の移動革命についてのセミナーに参加をしてきたばかりだったので、とてもタイムリーな記事だった。今後も注視したい。(匿名希望、長野県、59歳)

好評記事ランキング
順位  記事 
1Hot News「Liイオン電池の開発にノーベル化学賞、日本からは吉野彰氏が受賞」
2Breakthrough「AR/VRで時空を超える」
3Hot News「ソニーの『超人級』センシング、0402部品の積み木を実現」
4Hot News「マクセルが硫化物系全固体電池、2020年度に量産へ」
5Teardown「Galaxy Foldから見えた、再び世界を引き離したサムスン」