全1308文字
PR

海外勢の圧倒的な実力に驚きと不安

 Breakthrough「自動運転ゴールドラッシュ」で、米Waymoや米Cruiseの圧倒的な実力が印象に残った。自動車関連の業務を行っているが、将来も国内自動車関連は収益を維持できるのか不安になる。(匿名希望、愛知県、47歳)

自動運転に音は不要なのか

 「自動運転ゴールドラッシュ」は興味深く読みました。どうしても運転というと人間の運転から考えて、目に相当する画像センサー中心なのではと考えがちです。実際中国で進んでいるAPA(Automated Parking Assist)も画像センサー重視のようです。しかしながら情報を補完する意味でLiDARやミリ波も必要なことは理解できました。自分が運転するに当たり、実は音の情報もかなり助けになっていると思うのですが、音を利用することは考えないのだろうかと、ふと疑問に感じました。(匿名希望、神奈川県、58歳)

自動運転で人間の賃金引き下げに懸念

 「自動運転ゴールドラッシュ」を興味深く読んだ。自動運転の技術は重要であると思います。それを支える製造業全体への波及効果が大きいからです。自動運転の目的で人員不足を解決するという話がありましたが、AIや自動化が進むとやがて人が余ってくるのではないかと心配しています。必要な人員数は変わらなくとも、少なくとも労働者のコスト(賃金)は、AIや自動運転と競って安くなる一方ではないでしょうか。社会は皆の収入が上がるような新たな職種を作り出す義務があると思いますが、そのような動きはあるのでしょうか。(稲田順史、大阪府、66歳)

人の移動が減る時代が到来?

 Teardown「巨大新興市場を支える廉価スマホ Xiaomi製64.27米ドルの実力」と「自動運転ゴールドラッシュ」の記事が印象に残った。自動運転に関していろいろ情報が取り入れられて良い。自動車の構成もスマートフォン技術が形を変えて採用される中で、スマホ動向記事も興味深い。ただ将来的には移動が必要なのは物だけで、人の移動はビジネスでは減っていくのではないか。移動しない技術動向の記事も面白いかもしれない。(匿名希望、神奈川県、53歳)

事業継続計画の重要性を痛感

 Hot News「ルネサス主力工場火災で顕わに 自動車メーカーの思慮不足」が非常に考えさせられる内容であった。最終製品メーカーとしてコストダウンは必須だが、BCP(事業継続計画)の観点に立った総合的な対応がより重要なのだと感じた。日本のメーカーは世界シェアが高い製品も多いので、国内だけでなく、世界的な混乱を巻き起こす可能性を考慮して戦略を立てる必要性を感じた。(匿名希望、千葉県、35歳)

半導体でわくわくする記事を読みたい

 Hot News「ソニーが限界突破の撮像素子 SPADを使い、CMOSを超える」がブレークスルーを生みそうな撮像素子だと感じて興味深かった。1990年代ごろまで、日本はエレクトロニクス分野のリーダー格でした。半導体やデバイスなどの基幹となる技術の新しい情報や研究成果、知識など読んでわくわくするような記事を連載してほしい。(吉野大之、東京都、66歳)

好評記事ランキング
順位  記事 
1Breakthrough「自動運転ゴールドラッシュ」
2Hot News「ルネサス主力工場火災で顕わに 自動車メーカーの思慮不足」
3Hot News「ソニーが限界突破の撮像素子 SPADを使い、CMOSを超える」
4Teardown「巨大新興市場を支える廉価スマホ Xiaomi製64.27米ドルの実力」
5Hot News「水電解で想定外の新触媒 京大が材料費1/10で高耐久」